ブログ 施工実績

投稿日:

解体工事 その2

お世話になります。

ZEROの鈴木です。

前回に続けて工事の様子をお伝えしたいと思います。

シートでの囲いができたので、内装材の撤去を進めます。

この工程は完全に手作業になります。

いろんな工具を使い人力で解体していきます。

何故、手作業でないといけないのか?

それは廃棄物を分別しないといけないからです。

建物を解体すると様々な廃棄物が発生します。

内装材だけでも主な物で 木、石膏ボード、グラスウール(断熱材)、クロス等

建物全体になると上記に加えて コンクリートガラ、鉄屑、廃プラスチック類、タイル、ガラス等

多種多様な建材で作られた家ですから、多種多様な廃棄物が発生する事になります。

それを処分するに当たって分別しなくてはいけないのです。

では何故、分別しないといけないのか?

それは廃棄物をただ捨てるのではなく、「リサイクルしよう!」という事です。

廃棄物を最終処分場と呼ばれる埋立施設に全て持ち込んでしまうと

あっと言う間に処分場がいっぱいになってしまいます。

そこで中間処理場と呼ばれる施設で選別、破砕などを行いリサイクル、再利用して

少しでもゴミを減らそうとエコな取り組みなのです。

木屑なら燃料や紙の原料に、コンガラは再生路盤材、鉄屑はまた鉄の原料になります。

限られた資源を大切に使う素晴らしい取り組みですね。

しかし、分別した廃棄物を中間処理場に持ち込むといっても、処分代は当然かかります。

なので内装解体は人件費、廃棄物の処分費など費用のかかる作業なのです。

解体工事をお考えの方はご理解いただき、業者選びをしてほしいと思います。

もちろんZEROは廃棄物を適正な価格で、適正に処分していますので安心してご依頼ください。

きれいになりました。

これでいよいよ重機の登場です。

ですが、続きは 「解体工事 その3」 で。

四日市市などで鉄くず買取や大型機械解体はZERO
〒510-0226 三重県鈴鹿市岸岡町3175-2
電話:090-2616-9950

この記事を書いた人

カテゴリー ブログ, 施工実績

関連記事

納車!!

納車!!

代表の鈴木です。 10月末、納車されました! 予定よりもかなり早く完成しました。 注文通り、いや!! …

自家発電機撤去工事

自家発電機撤去工事

お世話になります。ZEROの鈴木です。 今回は6月に施工させて頂いた発電機の撤去です。 とある工場に …

コンベア解体撤去工事

コンベア解体撤去工事

お世話になります。ZEROの鈴木です。 今回は工場内にあるコンベアの解体、撤去工事の様子です。 工事 …

お問い合わせバナー 採用情報バナー